家庭用脱毛器での自己処理

家庭用脱毛器を使って自己処理したあと、皮膚が赤くなることがあります。こすらないようにして、早めに風をあてたり水などで冷やすとおさまってきます。

また、パックの保冷剤を使うときは、包んだタオルで皮膚がこすれないように気をつけてください。

説明書にもありますが、脱毛後のお肌が赤くなるのは炎症のせいですので、汗をかかないよう、患部を清潔に保って冷やすことが大事です。

もし、冷やしても症状がひかないときは、皮膚科のお医者さんに相談してください。
体質にもよりますが、患部が乾燥して割れたり、水分がでてきたり、化膿してくることもあるので、絶対に放置してはいけません。ムダ毛をなくす事を考えて脱毛サロンに通おうとした場合は、一度施術を受けた後には一定間隔が重要となります。

ムダ毛が生えるタイミングに合わせて施術しないと脱毛効果がほとんどだせませんから2ヶ月程度の期間をあけます。脱毛期間は最低限1年程度、または2年はかかりますから、脱毛サロンでも通いやすさは違いますので、よく比較して選択してください。
数ある脱毛サロンの中には利用ごとの支払う方法が利用する事が可能なところもあります。

利用した時に支払うメリットは、実際に施術を受けた際に支払う代金のみですから、何かしらの原因で行きたくなくなったら、利用者が止めたい時に止める事ができます。

メリットばかりではなく利用ごとの支払いの場合にはコースで利用した場合よりも総支払い額は多くなってしまうので、もし価格にこだわるような場合でしたら、選択しないのがおすすめかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です